幸福に関するAtoZ

自己破産後は年金の受給ができなくなるのか?

自己破産をすると、家具や家財を差し押さえられて、身動き取れなくなると思っている人もいるのではないでしょうか。実際に退職金も差し押さえや担保の対象になります。
しかしながら、この手続きをきっかけに多くの人が人生の再出発することができています。

ただなかには、年金も取り立てられるのか心配になる人もいるかもしれません。
生活をしてく上で頼みの綱となる年金が抑えられたら、生活がやっていけないという人たちも少なくないのです。

 

年金に関しては、自己破産の対象から外れますので安心してください。
国民年金法24条において、国民年金を受ける権利は、担保にしたり差し押さえることはできないと明白に示されています。
ですから自己破産後も、今までのように年金を受け取ることが可能なのです。

このサイトは自己破産に至るまでの手続きだけでなく、自己破産後の生活についても分かり易く解説されています。

 

同じように厚生年金法においても41条で差し押さえの禁止が定めらています。さらに年金は継続的に将来に渡り得るものですから、自己破産の差押の対象にならないという解釈もあります。



To Doリストは引越しの強いミカタ!

デキル人たちの間ではすでに常識となっている「To Doリスト」。
名前くらいは聞いたことはあるけど、それなあに?というみなさん、この「To Doリスト」はあなたの引越し作業で多いに活躍してくれる、強力な助っ人です。
そもそも「To Doリスト」とは、「これからやるべきこと」を書き出したリストのこと。
引越しは、荷造りをして新居に運べばそこでおしまい、というわけにはいきません。
転出・転居届けなど役所に提出する書類、光熱費の残額支払いや新居での契約手続き、インターネットの設定、職場への報告など、付随する作業は山ほどあります。
そこで登場するのが「To Doリスト」。
スマートな引越しをするためにも、こういうアイテムを活用しましょう。
引越し料金の比較サイトも料金をやすく済ませるのに一役かってくれます。

住宅で注目されていること

住宅の購入を考えている人は、住まいの最前線で注目されている情報を知ることが大切です。

最前線の情報を知ることによって、時代に適した快適な生活空間を作ることが出来ます。

そして、新しく住宅を構える人が、最近特に注目をしていることは、住居の耐震性や耐久性になります。また、これは地震の多い地域や地震活動が活発な地域で住宅を構えようとしている人に多く見られる傾向になります。

それ以外の地域の人にとっても、建物の耐震性や耐久性や熱効率の良い建物には、関心が高くなっています。

しかし、そのような住宅を購入する場合、建物を実際に見てみないと判断できないことが多くあります。そのため、複数の展示会場を見学して実際の建物を多く見ることが大切になります。

また、見学することで多くの知識や情報を得ることが出来るので、実際に自分が住宅を建築する際の参考することが出来ます。

そして、ある程度絞り込みが出来たところで、建設会社に連絡するとスムーズに依頼をすることが出来ます。

  • 借金とブラックリストについて
  • 今持っている不動産を売る場合このサイトが役立ちます。コツなどもかなり詳しく書かれてあります。

    住宅関連に詳しいのがここ。専門化が丁寧に解説してくれるので助かります。
    オールアバウトをチェック